コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘義天 たちばな ぎてん

1件 の用語解説(橘義天の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘義天 たちばな-ぎてん

1815-1875 江戸後期-明治時代の僧。
文化12年1月10日生まれ。生家は出雲(いずも)(島根県)武部村の農家。安来の浄土真宗本願寺派徳応寺の住職となる。農民の捨て子,堕胎,乳児殺しなどの悪習をうれえ,「捨子教誡(きょうかい)のうた」をつくり,文久元年私財を投じて刊行した。明治8年4月11日死去。61歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

橘義天の関連キーワード金子蓑香岸田稲処昇斎一景鈴木義敬関直吉関白駒杣田光明堤玄徳山登検校(2代)六郷新三郎(5代)