コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘義天 たちばな ぎてん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘義天 たちばな-ぎてん

1815-1875 江戸後期-明治時代の僧。
文化12年1月10日生まれ。生家は出雲(いずも)(島根県)武部村の農家。安来の浄土真宗本願寺派徳応寺の住職となる。農民の捨て子,堕胎,乳児殺しなどの悪習をうれえ,「捨子教誡(きょうかい)のうた」をつくり,文久元年私財を投じて刊行した。明治8年4月11日死去。61歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

橘義天の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android