橘 周太(読み)タチバナ シュウタ

20世紀日本人名事典の解説

橘 周太
タチバナ シュウタ

明治期の陸軍軍人 陸軍中佐。



生年
慶応1年9月15日(1865年)

没年
明治37(1904)年8月31日

出生地
肥前国南高来郡千々石村(長崎県)

学歴〔年〕
陸士(旧9期)〔明治20年〕卒

経歴
明治20年少尉となり、24年東宮武官、28年大本営付、30年戸山学校教官、35年少佐昇進と同時に名古屋陸軍地方幼年学校長に就任。その間「新兵教育」「歩兵夜間教育」「森林通過法」を著した。37年日露戦争開始と共に第2軍管理部長、ついで歩兵第34連隊第1大隊長となり、同年8月遼陽近郊の首山堡攻撃を指揮、重傷に屈せず奮戦し戦死。死後、海軍の広瀬武夫中佐と並び“軍神中佐”と称賛された。軍歌小学唱歌にうたわれ、軍国主義シンボルとなった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

橘 周太 (たちばな しゅうた)

生年月日:1865年9月15日
明治時代の陸軍軍人
1904年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android