コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檀那流 ダンナリュウ

2件 の用語解説(檀那流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だんな‐りゅう〔‐リウ〕【×檀那流】

檀那僧都覚運を祖とする天台宗の一学派。恵心流と共に恵檀二流と称された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だんなりゅう【檀那流】

日本天台宗の二流の一。一一世紀後半に分かれ、檀那院覚運を祖と仰ぐ。 → 恵心流

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の檀那流の言及

【覚運】より

…一条天皇や藤原道長の知遇を得て,〈仏法の棟梁,国家の珍宝〉と讃えられ,源信と並び称せられた。比叡山東谷檀那院に住んだので,覚運の門流を檀那流とよび,後に源信の恵心流とともに天台教学の二大流派とされるようになった。1003年(長保5)少僧都,05年権大僧都,没後僧正追贈。…

【本覚思想】より

…そのような本覚思想は,秘授口伝(ひじゆくでん)などとして,また切紙相承(きりがみそうじよう)として個々別々に,最澄,円仁,円珍らの権威ある名を冠して伝えられた。さらに良源,源信がこれらを集成して檀那流(だんなりゆう),恵心流(えしんりゆう)の中古天台教学を形成したとする伝説をともなって伝えられた。しかし実際には,だれがどのように考え,だれにどのように伝えたかほとんど不明である。…

※「檀那流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

檀那流の関連キーワード孝暢恵檀二流恵心流空也派寺門派六祖西教派天台寺密蔵院長算

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone