コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜山坦斎 ひやま たんさい

1件 の用語解説(檜山坦斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

檜山坦斎 ひやま-たんさい

1774-1842 江戸時代後期の国学者。
安永3年生まれ。書画の知識がふかく,鑑定にすぐれる。渡辺崋山としたしかった。裏千家千柄菊旦(ちがら-きくたん)にまなび,茶人としても知られた。天保(てんぽう)13年9月16日死去。69歳。名は義慎(よしちか)。字(あざな)は徳忠。通称は成徳。別号に盤松軒。著作に「花押譜」「皇朝名画拾彙(しゅうい)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の檜山坦斎の言及

【本朝画史】より

…最初の本格的な日本絵画史の著述であり,和漢両様式の統合者としての狩野派の役割が強調されている。なお《続本朝画史》は江戸の鑑定家檜山坦斎(ひやまたんさい)(1774‐1842)が本書を継ぐとの意で1819年(文政2)出版した。【辻 惟雄】。…

※「檜山坦斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

檜山坦斎の関連キーワード国学者加藤千年三鍼那須高堅伴直方福居芳麿堀江宗彰真野可亭三木隆盛和田宗淳

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone