コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欠神 けっしんabsence

翻訳|absence

1件 の用語解説(欠神の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けっしん【欠神 absence】

代表的な癲癇てんかん)発作の一型で,純粋小発作アブサンスともいわれる。痙攣(けいれん)を伴わず意識が突然消失し,突然回復する。軽い発作では意識が比較的保たれることもある。持続は数秒から20秒くらいで,1日に数回から十数回起きる。9歳から15歳ころまでの少女に多く,過呼吸で誘発されやすい。発作時には開眼しているが,大発作の不全型と異なって眼球上転つまり白目になることがなく,前方を凝視し,目が据わっていることが特徴的である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

欠神の関連情報