攣縮(読み)レンシュク

  • ×攣縮

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筋に単一刺激を与えると、筋はただ1回だけ収縮し、急速に弛緩(しかん)する。これを攣縮(または単収縮)とよび、筋収縮の基本型とされる。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ひきつりちぢまること。また、ひきつりちぢめること。
※形影夜話(1810)上「人若し寒冷の外気に冒触すれば、皮中の神経攣縮して汗孔壅塞し、表発の蒸気内鬱す」 〔魏志注‐倉慈伝〕
② 筋肉収縮の一様式。単一刺激に対して横紋筋が起こす単一の短期間の収縮。また、臨床医学では広く痙攣(けいれん)様筋収縮をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の攣縮の言及

【単収縮】より

…攣縮(れんしゆく)ともいう。1回の活動電位によっておこる筋肉の速やかな収縮をいう。…

※「攣縮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android