コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川国花女 うたがわ くにかめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

歌川国花女 うたがわ-くにかめ

1810-1871 江戸時代後期の浮世絵師。
文化7年生まれ。初代歌川豊国の娘。7歳のとき,父の門下で歌川国広の画名をもつ伊勢(いせ)(三重県)亀山藩主に絵の具ときの名目でつかえる。非凡の画才といわれたが,17歳でとついだのちは絵筆をとることはなかった。明治4年2月18日死去。62歳。江戸出身。名はきん,小金。別号に一鳥斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

歌川国花女の関連キーワード廃藩置県クライスト刑法マーシャルインターナショナル新教育高田藩北海道開拓郵便切手日本科学史(年表)