コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌枕名寄 うたまくらなよせ

世界大百科事典 第2版の解説

うたまくらなよせ【歌枕名寄】

中世の歌学書。全国を五畿七道,68ヵ国に区分して,当該国の歌枕を掲出し,その歌枕を詠みこんだ証歌を,《万葉集》,勅撰集私家集私撰集から広く引き出して列挙したもの。成立年代は《新後撰集》(1303)の前後で,編者は〈乞食活計之客澄月〉と署名があるが,〈澄月〉その人の伝はわからない。中世には歌枕とその証歌を類聚して作歌の便をはかったいわゆる歌枕撰書がいくつか編纂されたが,それらのうち,本書は最大(38巻,6000余首)で,よく整備されたものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の歌枕名寄の言及

【歌枕】より

…古典和歌の世界では,和歌に詠むにふさわしい由緒ある一群の地名があり,恣意(しい)的に勝手な地名を詠みこむことは許されなかった。その地名は,《能因歌枕》《五代集歌枕》《八雲御抄》《歌枕名寄》などの歌学書に集成され,いわば登録された形になっている。歌枕という語は,古くは歌に使用すべき言葉一般,あるいはそれらの言葉を集成した書物という広い意味で使われた。…

※「歌枕名寄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

歌枕名寄の関連キーワード名寄