コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澄月 ちょうげつ

5件 の用語解説(澄月の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

澄月

江戸中期の天台宗の僧。備中玉島生。法名は融阿、酔夢庵・翠雲軒と号する。幼くして出家し、13才の時比叡山に登り、延暦寺で修行。のち京都岡崎に隠棲し、武者小路実岳に和歌を学ぶ。小沢蘆庵・伴蒿蹊・僧慈延と共に平安和歌四天王と称せられ、諸文人と交流した。寛政10年(1798)寂、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょうげつ【澄月】

[1714~1798]江戸中期の歌僧。備中(びっちゅう)の人。号、垂雲軒・酔夢庵。京都岡崎に住む。寛政期の和歌四天王の一人。著「垂雲和歌集」「澄月法師千首」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

澄月 ちょうげつ

1714-1798 江戸時代中期-後期の僧,歌人。
正徳(しょうとく)4年生まれ。比叡(ひえい)山で天台をまなび,のち浄土門にはいる。和歌を武者小路実岳(さねおか)にまなび,小沢蘆庵(ろあん),伴蒿蹊(こうけい),慈延とともに平安和歌四天王といわれた。寛政10年5月2日死去。85歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。俗姓は西山。別号に垂雲軒,酔夢庵。著作に「和歌為隣抄」,歌集に「垂雲和歌集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうげつ【澄月】

1714‐98(正徳4‐寛政10)
江戸中期の歌人。姓は西山。酔夢庵,垂雲軒とも号した。備中国玉島(現,岡山県)に生まれる。京都に出て天台宗を学んだが,諸国行脚の後,作歌の道を志す。二条派の歌人武者小路実岳の門に入り,やがて,小沢蘆庵,慈延,伴蒿蹊(ばんこうけい)とともに平安和歌四天王と称された。歌集に宮下正岑選の《垂雲和歌集》,歌論書に《和歌為隣抄(いりんしよう)》がある。【佐佐木 幸綱】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

澄月
ちょうげつ
(1714―1798)

江戸中期の歌人。俗姓西山氏。酔夢軒、垂雲軒などと号する。備中(びっちゅう)国玉島(現岡山県倉敷市)に生まれ、比叡山(ひえいざん)延暦寺(えんりゃくじ)に登り天台学を学ぶ。のち武者小路実岳(むしゃのこうじさねおか)の門に入り和歌を学ぶ。洛東(らくとう)の岡崎に住み、寛政(かんせい)期(1789~1801)の京都地下(じげ)歌人四天王の1人と称され、小沢蘆庵(ろあん)や伴蒿蹊(ばんこうけい)などと親交があった。家集に『垂雲和歌集』がある。地下歌人として堂上風(どうしょうふう)の歌を詠んだ。『澄月法師千首』、また歌学書に『和歌為隣抄(いりんしょう)』がある。
 わかの浦の跡は昔にかよへども及ばぬ波に千鳥なくなり[宗政五十緒]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

澄月の関連キーワード大炊御門経音寛政正徳正徳金銀山村座織田長弘永井尚平鍋島元延柚木知雄平井侗谷

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

澄月の関連情報