歌橋 憲一(読み)ウタハシ ケンイチ

20世紀日本人名事典の解説

歌橋 憲一
ウタハシ ケンイチ

大正・昭和期の実業家 ニチバン創立者。



生年
明治22(1889)年5月1日

没年
昭和59(1984)年10月10日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京薬学校(現・東京薬大)〔明治40年〕卒

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和31年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和40年〕

経歴
家業の薬屋でピック氏硬膏(チェコのピック博士発明のサリチル酸石けん硬こう)を製造販売。大正7年歌橋製薬所を設立、国産絆創膏製造を始め、ゴム絆創膏を完成、12年の関東大震災後、救急用に大ヒット。戦時中の企業整備で日絆工業と改称。戦後セロハン粘着テープを作り占領軍に納めて評判となった。昭和36年ニチバンと改称、“セロテープ”商標で大いに売り出した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android