コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絆創膏 ばんそうこう

6件 の用語解説(絆創膏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絆創膏
ばんそうこう

ゴム,樹脂類,酸化亜鉛などを練合せて粘着性物質とし,これを布,不織布,紙,フィルムなどに塗りつけて粘着性をもたせ,皮膚,傷口,包帯,ガーゼなどに張って,創傷の接着,保護,包帯やガーゼの固定に用いる衛生材料。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ばんそう‐こう〔バンサウカウ〕【×絆創×膏】

硬膏を布などに塗ったもの。消毒ガーゼ付きのものもある。傷口を覆ったり、包帯がずれないようにしたり、あるいは捻挫(ねんざ)部位を固定させたりするのに使う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

絆創膏【ばんそうこう】

硬膏の一種。精選した生ゴム,樹脂類などの基剤に,酸化亜鉛その他の医薬品を練り合わせて粘着性物質とし,それを布や紙に均等に延べて製する。ふつう収斂(しゅうれん)・防腐の目的で小創傷に適用。
→関連項目硬膏粘着テープ包帯

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ばんそうこう【絆創膏 adhesive plaster】

紙,布またはプラスチック膜の片面に粘着性の基剤を塗布した細長いテープで,傷口の接合,圧迫,ガーゼの固定,関節の固定などに用いられる。皮膚に対する刺激性が少ないので貼付してもかぶれにくく,かつ粘着力が強いので体動などで生ずる張力に抗することができる。通常通気性がなく,貼付した部分が蒸れることが多いが,プラスチック膜に小さな孔を開けて通気性をよくしたものもある。傷口の接合用には,あらかじめ滅菌されたプラスチック製のものがあり,圧迫用には伸縮性のある布製のものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ばんそうこう【絆創膏】

粘着剤を塗った布・紙・プラスチック。傷口に貼って外気から保護したり、ガーゼや包帯を固定するのに使う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絆創膏
ばんそうこう

硬膏剤の一種で、日本薬局方によると、精選したゴム、樹脂類、酸化亜鉛およびその他の物質を練り合わせ、粘着物質とし、布に均等に延べて製したもの、と規定されている。これは亜鉛華ゴム絆創膏とよばれたもので、需要の多様化に伴い改良品がいろいろつくられている。すなわち、手切れ性をよくした紙絆創膏やセロファンテープ、不織布・ポリウレタン弾性布・強撚綿糸(きょうねんめんし)を用いた伸縮性絆創膏、消毒ガーゼ付きの救急絆創膏やマーキュロ絆創膏などがあり、それぞれ適当な長さや幅に切って固定、圧迫、支持、牽引(けんいん)、被覆などに用いる。たとえば、外科用ガーゼ類の固定をはじめ、捻挫(ねんざ)・骨折・脱臼(だっきゅう)の一時固定、臍(さい)ヘルニアの圧迫パッドの固定、創口(きずぐち)の密着固定(皮膚縫合絆創膏)のほか、絆創膏牽引(介達(かいたつ)牽引法)や点滴・静脈注射などのカテーテル・翼状針の固定・支持などがある。これらは絆創膏包帯に含まれる。
 使用の際には、局所の脂肪をベンジン綿で拭(ふ)き取り、有毛部は剃毛(ていもう)してから用いると、よく付着する。長期間使用する場合は、テストをして種類を選ばないと、かぶれや水疱(すいほう)を生じることがある。絆創膏包帯では空気の流通が悪く、汗腺(かんせん)をふさいでかぶれをおこしやすいので、創面などへの直接使用は厳禁である。近年は、通気性をもたせた改良品も普及している。
 また、剥(は)がすときはベンジン綿で浸しながら皮膚を引っ張らないように剥ぎ、剥いだあともベンジン綿できれいに拭き取っておく。[幸保文治・山根信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

絆創膏の関連キーワード発泡プラスチックプラスチック爆弾プラスチックマネー繊維強化プラスチックドラスチック廃プラスチック類プラスチック産業資材新聞マルスプラスチックマルスプラスチック コンビ耐寒性プラスチック

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

絆創膏の関連情報