コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

止め名/留め名 トメナ

デジタル大辞泉の解説

とめ‐な【止め名/留め名】

芸能界・角界などで、名人上手と言われた人の芸名をだれにも継がせないで止めてしまうこと。落語界では古今亭志ん生桂文治など。相撲の四股名では雷電玉錦双葉山など。また、歌舞伎役者では、その芸の家柄の最高の芸名をいう。市川団十郎尾上(おのえ)菊五郎中村歌右衛門など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

止め名/留め名の関連キーワード菊五郎尾上

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android