コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

醜名 シコナ

5件 の用語解説(醜名の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しこ‐な【醜名】

(「四股名」とも当てて書く)相撲の力士の呼び名。「双葉山」「大鵬」など。
あだ名。
諱(いみな)のこと。本名。〈名義抄
自分の名を謙遜していう語。
「明理(あきまさ)の濫行に行成(ゆきなり)が―呼ぶべきにあらず」〈大鏡・伊尹〉

しゅう‐めい〔シウ‐〕【醜名】

よくないうわさ不名誉な評判。醜聞。「醜名を流す」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しこな【醜名】

力士の名のり。平安末期の《類聚名義抄》には〈シコナ,イミナ〉とあり,あだ名のことで,自分の名の謙称である。いまでは力士の名のり(呼名)に専用され,〈四股名〉は江戸時代からの当て字である。力士が土俵に登場して,準備運動の四股(力足)を踏むところから,この当て字が生じた。力士の呼名として,平安時代から出身地を頭に冠して〈薩摩氏長〉のように用いられていたが,室町時代には浪人した武士が,強そうな醜名をつけ集団で巡業したことから始まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しこな【醜名】

力士の名乗り。谷風・双葉山など。 〔「四股名」は当て字〕
いみ名。本名。 〔名義抄〕
自分の名を謙遜していう語。 「明理の濫行に行成が-呼ぶべきにあらず/大鏡 伊尹

しゅうめい【醜名】

よくないうわさ。恥となるような風聞。醜聞。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

醜名の関連情報