コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上菊五郎 オノエキクゴロウ

デジタル大辞泉の解説

おのえ‐きくごろう〔をのへキクゴラウ〕【尾上菊五郎】

歌舞伎俳優。屋号、音羽屋
(初世)[1717~1784]京都の人。初め女形、のち江戸で立役となり、華やかな芸風で人気があった。
(5世)[1844~1903]12世市村羽左衛門の次男。前名、13世羽左衛門、市村家橘(かきつ)。家の芸として新古演劇十種を定めて上演。江戸の世話物を得意とする。9世市川団十郎とともに明治期を代表する名優として団菊と併称された。
(6世)[1885~1949]5世の長男。初世中村吉右衛門とともに、昭和初期を代表する名優。世話物と舞踊を得意とし、近代的な芸風を確立。通称、6代目。文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

尾上菊五郎【おのえきくごろう】

歌舞伎俳優。屋号音羽(おとわ)屋。初世〔1717-1783〕は初め京都で女方をやっていたが,のち2世市川團十郎に認められ,江戸へ下って立役(たちやく)となり,《忠臣蔵》の由良之助・勘平,《菅原》の菅丞相などを得意とした。
→関連項目市川左団次市村座音羽屋尾上松緑尾上梅幸土蜘/土蜘蛛(演劇)中村吉右衛門中村芝翫パブロワ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おのえきくごろう【尾上菊五郎】

歌舞伎俳優。現在7世が存在する。屋号を音羽屋といい,市川家とならんで250年の歴史をもつ名門。(1)初世(1717‐83∥享保2‐天明3) 京都の人。尾上左門の弟子で若女方の時,2世市川団十郎の《鳴神》に共演したのが出世役で,のち立役になり,広い芸幅をもった名優。《仮名手本忠臣蔵》の由良助と戸無瀬を替わったのは,この初世以来の演出。俳名を梅幸といい,のちにこれが芸名になった。(2)2世(1769‐87∥明和6‐天明7) 初世の実子で,尾上丑之助から,1785年(天明5)菊五郎を襲名したが,若くして死んだので,舞台の上の成果はない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おのえきくごろう【尾上菊五郎】

歌舞伎俳優。屋号、音羽おとわ屋。
(初世)(1717~1783) 宝暦・明和期(1751~1772)に活躍した名優。京都の人。初め若衆方・女方で評判を得、のち立役となった。
(三世)(1784~1849) 初世の高弟尾上松緑の養子。文化・文政期(1804~1830)に活躍した。江戸の人。生世話きぜわ狂言・怪談狂言を得意とした。
(五世)(1844~1903) 三世の孫。団・菊・左と並称される明治時代の代表的な名優。前名、一三世市村羽左衛門。家の芸として新古演劇十種を制定。
(六世)(1885~1949) 五世の長男。通称六代目。大正から昭和にかけて活躍。初世中村吉右衛門と菊吉(市村座)時代を形成。あらゆる役柄をこなし、歌舞伎の新しい演技術をつくりあげた。舞踊の名手としても有名。1930年、日本俳優学校を創設。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾上菊五郎
おのえきくごろう

歌舞伎(かぶき)俳優。屋号音羽屋(おとわや)[服部幸雄]

初世

(1717―83)京都生まれ。俳名梅幸(ばいこう)。劇場の出方(でかた)音羽屋半平の子。女方(おんながた)尾上左門の弟子になり、若衆方(わかしゅがた)、若女方(わかおんながた)で名をあげ、やがて立役(たちやく)に転じた。三都を往来して活躍、宝暦(ほうれき)~安永(あんえい)期(1751~81)の代表的名優となった。当り役のうち『忠臣蔵』の由良之助(ゆらのすけ)は古今最高と評価され、生涯にしばしば演じた。ほかに戸無瀬(となせ)、勘平、『菅原(すがわら)』の菅丞相(かんしょうじょう)、松王丸などの当り役がある。[服部幸雄]

2世

(1769―87)初世の子。1785年(天明5)尾上丑之助(うしのすけ)から2世を襲名。美貌(びぼう)の若女方だったが、19歳で早世した。[服部幸雄]

3世

(1784―1849)江戸の建具屋の子。初世の高弟尾上松助(松緑(しょうろく))の養子。栄三郎、2世松助、梅幸を経て、1815年(文化12)3世を襲名した。文化・文政期(1804~30)の江戸劇壇で、万能の俳優として活躍した。容貌、風姿に優れ、和事(わごと)、実事(じつごと)を得意としたが、敵役(かたきやく)や女方もこなした。丸本系の時代物から4世鶴屋南北作の生世話(きぜわ)まで、芸域はきわめて広かった。養父松緑から受け継いだ怪談狂言の様式を洗練させ、大成したことは特筆すべきで、『四谷怪談』におけるお岩、小平、与茂七の3役は3世の初演した代表的な役である。1847年(弘化4)舞台を退き、浅草で餅(もち)屋を営んだが、大川橋蔵の名でふたたび地方の舞台に出た。大坂で病を得、江戸に帰る途中、遠州(静岡県)掛川で没した。[服部幸雄]

4世

(1808―60)3世の女婿。栄三郎、4世梅幸を経て1855年(安政2)4世菊五郎を襲名。女方専門で、とくに時代物の片はずしの役(政岡(まさおか)、重の井(しげのい)など)に適したが、世話物(せわもの)にも『切られ与三(よさ)』のお富のような当り役がある。[服部幸雄]

5世

(1844―1903)3世の孫。本名寺嶋清。8歳で13世市村羽左衛門(うざえもん)を継ぎ、市村座の座元になった。俳優としては、14歳のときの『鼠小僧(ねずみこぞう)』の蜆売(しじみうり)三吉で4世市川小団次に認められ、19歳で初演した弁天小僧が出世芸となった。1868年(慶応4)8月、座元を弟に譲り、5世を襲名した。天性の様式美に加えて、4世小団次の写実的芸風を洗練し、いなせな江戸っ子の主人公役に独自の境地を開いた。9世市川団十郎とともに「団菊」と称され、明治の劇壇を代表する名優であった。「新古演劇十種」を制定、創演したほか、新時代に材を得た散切物(ざんぎりもの)を積極的に演じた。明治36年2月18日没。[服部幸雄]

6世

(1885―1949)5世の長男。本名寺嶋幸三。1903年(明治36)2世丑之助(うしのすけ)から6世を襲名。幼時から9世市川団十郎に預けられて指導を受けた。大正期に二長町(にちょうまち)の市村座で初世中村吉右衛門(きちえもん)とともに「菊吉時代」とよぶ活気ある一時期を形成した。時代物、世話物、舞踊のいずれにも優れ、古典はむろんのこと新作にも意欲的で多くの傑作を生んだ。近代的で進取の気性に富んでいたので、古典を新解釈、新演出で演じ、また日本俳優学校を設立して校長となり、後継者の育成にも力を尽くした。1947年(昭和22)日本芸術院会員。昭和24年7月10日没。没後文化勲章を追贈された。芸談集『芸』(1946)、『おどり』(1948)がある。[服部幸雄]

7世

(1942― )7世尾上梅幸の長男。本名寺嶋秀幸。1973年(昭和48)4世菊之助から7世を襲名した。花のある芸風で、女方と立役を兼ね、平成歌舞伎を代表する俳優の一人として活躍している。2000年(平成12)日本芸術院会員となり、2003年重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受ける。長男が5世尾上菊之助(きくのすけ)(1977― )である。[服部幸雄]
『5世尾上菊五郎著『五代尾上菊次郎』(1997・日本図書センター) ▽戸板康二著『六代目菊五郎』(講談社文庫) ▽大倉舜二写真『七代目菊五郎の芝居』(1989・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の尾上菊五郎の言及

【新古演劇十種】より

…歌舞伎用語。尾上菊五郎家の〈家の芸〉。市川団十郎家の〈歌舞伎十八番〉〈新歌舞伎十八番〉に対抗して,5世菊五郎が選定を企て,6世菊五郎が完成。…

※「尾上菊五郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尾上菊五郎の関連キーワード尾上 菊三郎(4代目)市村羽左衛門(13代)望月太左衛門(10代)尾上多賀之丞(初代)河原崎国太郎(4世)柏 扇之助(1代目)尾上多賀之丞(3世)河原崎国太郎(2世)河原崎国太郎(2代)尾上 松緑(2代目)尾上栄三郎(4代)市川左団次(3世)柏 扇之助(初代)坂東彦三郎(6世)尾上梅幸(6世)尾上松緑(2代)尾上松助(1世)尾上松助(4世)尾上松助(6世)尾上松緑(2世)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾上菊五郎の関連情報