正信念仏偈(読み)ショウシンネンブツゲ

大辞林 第三版の解説

しょうしんねんぶつげ【正信念仏偈】

親鸞の「教行信証」の行巻の終わりにある七言百二十句の偈頌げじゆ。「大無量寿経」の意を述べ、浄土門の七人の高祖を賛嘆し、弥陀の本願を信ずることを勧める。信心を基礎とし、称名は謝徳であるとする浄土真宗の教義を強調するもの。蓮如以来、朝夕の勤行ごんぎように和讃とともに読誦するようになった。正信偈。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうしんねんぶつげ シャウシン‥【正信念仏偈】

親鸞の「教行信証」の行巻末尾にある偈頌(げじゅ)。七言一二〇句から成り、彌陀の本願と救い、釈迦出世の本懐などを説き、浄土真宗七祖の教えを述べたもの。真宗で、和讚とともに仏前で読むもの。本願念仏を信じ、浄土教の高僧たちの教説を信ずるところに絶対の世界が開かれることをうたいあげる。正信偈。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の正信念仏偈の言及

【正信偈】より

…真宗の宗祖親鸞の撰述。正しくは〈正信念仏偈〉という。親鸞の著した《教行信証》行巻の末尾に収録され,七言百二十句より成る。…

※「正信念仏偈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android