正信念仏偈(読み)ショウシンネンブツゲ

大辞林 第三版の解説

しょうしんねんぶつげ【正信念仏偈】

親鸞の「教行信証」の行巻の終わりにある七言百二十句の偈頌げじゆ。「大無量寿経」の意を述べ、浄土門の七人の高祖を賛嘆し、弥陀の本願を信ずることを勧める。信心を基礎とし、称名は謝徳であるとする浄土真宗の教義を強調するもの。蓮如以来、朝夕の勤行ごんぎように和讃とともに読誦するようになった。正信偈。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の正信念仏偈の言及

【正信偈】より

…真宗の宗祖親鸞の撰述。正しくは〈正信念仏偈〉という。親鸞の著した《教行信証》行巻の末尾に収録され,七言百二十句より成る。…

※「正信念仏偈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android