コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正信念仏偈 ショウシンネンブツゲ

大辞林 第三版の解説

しょうしんねんぶつげ【正信念仏偈】

親鸞の「教行信証」の行巻の終わりにある七言百二十句の偈頌げじゆ。「大無量寿経」の意を述べ、浄土門の七人の高祖を賛嘆し、弥陀の本願を信ずることを勧める。信心を基礎とし、称名は謝徳であるとする浄土真宗の教義を強調するもの。蓮如以来、朝夕の勤行ごんぎように和讃とともに読誦するようになった。正信偈。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の正信念仏偈の言及

【正信偈】より

…真宗の宗祖親鸞の撰述。正しくは〈正信念仏偈〉という。親鸞の著した《教行信証》行巻の末尾に収録され,七言百二十句より成る。…

※「正信念仏偈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正信念仏偈の関連キーワード大無量寿経教行信証福田美楯浄土真宗正信偈浄土門教義親鸞信心謝徳弥陀和讃高祖称名本願勤行

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正信念仏偈の関連情報