コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本願 ほんがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本願
ほんがん

仏陀や菩薩が修行中に立てた衆生救済の誓願薬師仏の十二願,釈迦仏の五百大願などがあるが,特に阿弥陀仏過去世法蔵比丘であったときに立てた四十八願が著名。浄土教では,このなかの第十八願 (念仏往生の願) を本願と呼び,教義の根本においている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほん‐がん〔‐グワン〕【本願】

本来の願い。本懐。「本願を達成する」
仏語。仏・菩薩(ぼさつ)が衆生を救済するために起こした誓願。阿弥陀仏の四十八願など。本誓(ほんぜい)。
本願主(ほんがんしゅ)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほんがん【本願】

仏や菩薩が過去世の修行の期間に立てた誓願。人々を救済しようとの根本の願い。その願いごとが弘(ひろ)いという意味で本弘(ほんぐ)誓願,略して弘誓(ぐぜい),弘願(ぐがん)ともいう。また因願(菩薩が仏になるための因としての行を修めている間におこした願の意),宿願などとも称する。すべての仏・菩薩に共通する一般的な総願と,それぞれの仏・菩薩が独自の目的でおこした固有の別願とがある。前者は四弘誓願(しぐぜいがん),四弘行願(しぐぎようがん),四弘願などといい,誓ってすべてのものをさとりの彼岸に渡そう(衆生無辺誓願度(しゆじようむへんせいがんど)),誓ってすべての煩悩を断とう(煩悩無量誓願断(ぼんのうむりようせいがんだん)),誓ってすべての仏の教えを学ぼう(法門無尽誓願学(ほうもんむじんせいがんがく),または法門無尽誓願知(せいがんち)),誓ってこの上ないさとりに至ろう(仏道無上誓願証(せいがんしよう),または仏道無上誓願成(せいがんじよう))の四つをいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほんがん【本願】

本来の願い。
〘仏〙
仏・菩薩が衆生しゆじようを救済するために立てた誓願。本誓ほんぜい
多く阿弥陀仏の四十八願、あるいは特にその内の第十八願をいう。
「本願主ほんがんしゆ」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

本願の関連キーワード選択本願(せんちゃくほんがん)選択本願(せんじゃくほんがん)島根県出雲市多伎町口田儀徳島県徳島市南島田町福井県大野市糸魚町三摩耶曼荼羅悪人正機説大宮 智栄曽我 量深三部仮名鈔彼方任せ救脱菩薩自力念仏横川法語九品寺流他力念仏自然法爾願力回向願力の船延命地蔵

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本願の関連情報