コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正信偈 しょうしんげ

5件 の用語解説(正信偈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正信偈
しょうしんげ

親鸞の著書『教行信証』の「行の巻」所収の偈文。「正信念仏偈」の略称。早くから真宗僧俗の間で朝暮の勤行として諷誦され,いまも行われている。三国七高僧の行実や教義によって,真宗の要義大綱を七言 60行 120句の偈文にまとめたものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうしん‐げ〔シヤウシン‐〕【正信×偈】

親鸞(しんらん)の著「教行信証」の行巻にある正信念仏偈のこと。弥陀釈迦七祖の教えを述べたもので、真宗では和讚(わさん)とともに読誦(どくじゅ)する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

正信偈【しょうしんげ】

親鸞の《教行信証》行巻末に収める《正信念仏偈》のこと。7言120句の詩形式の偈文。阿弥陀仏念仏を正信することおよび七高僧(竜樹・世親・曇鸞・道綽・善導・源信・源空)をたたえた賛歌で,阿弥陀仏の本願への信心と,念仏こそが往生の正因であることを強調。
→関連項目吉崎蓮如

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうしんげ【正信偈】

真宗の宗祖親鸞の撰述。正しくは〈正信念仏偈〉という。親鸞の著した《教行信証》行巻の末尾に収録され,七言百二十句より成る。内容は浄土三部経の意を述べ,インド,中国,日本の7高僧を賛嘆している。蓮如のころよりこの〈正信偈〉は,同じく親鸞の著した《三帖和讃》とともに,朝夕読誦する習慣が始まり,現在に至っている。蓮如は越前吉崎に在住した1473年(文明5),この〈正信偈〉と《三帖和讃》とを開版した。また《正信偈大意》《正信偈註解》等の注釈書も著している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうしんげ【正信偈】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の正信偈の言及

【教行信証】より

…親鸞の師法然は仏教の中から専修念仏をえらび,親鸞はそのもっぱら念仏を修するなかに,信心正因・称名報恩という立場を析出した。本書第2の行巻の〈正信偈(しようしんげ)〉に,阿弥陀仏の本願を信ずるとき,浄土に生まれることができる。浄土往生がきまった人は,つねによく名号をとなえ,救ってくださる仏の恩を感謝すべきであると,真宗念仏者の立場を明示する。…

【吉崎】より

…だがその間,北陸のみならず畿内・東海一帯からも多数の一向衆が参集,蓮如は彼らに次々とかな文字の法語消息(御文)を下付していった。1473年《正信偈和讃(しようしんげわさん)》を開版し,聖教(しようぎよう)・典籍類の選択的統一を推し進めた。74年7月には多屋衆を中心とする北陸最初の一向一揆が勃発した。…

※「正信偈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正信偈の関連情報