コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正元米蔵 しょうげん よねぞう

1件 の用語解説(正元米蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正元米蔵 しょうげん-よねぞう

1852-1902 明治時代の陶工。
嘉永(かえい)5年生まれ。丹波下立杭(しもたちくい)村(兵庫県篠山市)の立杭焼陶工正元直作(直八)の孫。明治18年東京の陶器共進会で入賞。赤絵の徳利を得意とした。陶印は直作。明治35年7月23日死去。51歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

正元米蔵の関連キーワードアメリカ美術水泳正岡子規熱雲河津省庵真田幸貫富田久三郎ラングスドルフ第二帝政ムーア

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone