コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正字金 ショウジキン

デジタル大辞泉の解説

しょうじ‐きん〔シヤウジ‐〕【正字金】

江戸幕府が安政6年(1859)に発行した小判および一分判金の総称。裏に「正」の字の極印がある。

せいじ‐きん【正字金】

江戸幕府が鋳造した安政金のうち、「正」の字の極印を打った小判一分金のこと。→安政金銀

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじきん【正字金】

1859年、鋳造した小判・一分金の称。「正」の字の極印がある。

せいじきん【正字金】

安政金銀のうち、1859年に改鋳した小判金と一分判金。裏面に「正」の極印があるのでいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

正字金の関連キーワードビラフランカの和議余計者光の科学史岡田普理衛ゼーバッハデカルソンデントンヘットナーマルナスシーボルト

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android