安政金銀(読み)アンセイキンギン

世界大百科事典 第2版の解説

あんせいきんぎん【安政金銀】

江戸時代安政年間(1854‐60)発行の金銀貨幣。1858年(安政5),日米修好通商条約が締結され,そのなかで外国貨幣の同種同量での通用が承認された。幕府は翌6年に貨幣の改鋳を実施し,同年6月に安政小判・同一分金・同二朱銀を,ついで8月に安政一分銀を,さらに12月に安政丁銀・同小玉銀(小粒銀・豆板銀)を発行した。そのほかに,安政3年6月には安政二分金を鋳造した。また安政6年に幕府は洋銀(メキシコ・ドル)に〈改三分定〉の極印を打ち,国内での通用を認めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる