コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安政金銀 アンセイキンギン

世界大百科事典 第2版の解説

あんせいきんぎん【安政金銀】

江戸時代安政年間(1854‐60)発行の金銀貨幣。1858年(安政5),日米修好通商条約が締結され,そのなかで外国貨幣の同種同量での通用が承認された。幕府は翌6年に貨幣の改鋳を実施し,同年6月に安政小判・同一分金・同二朱銀を,ついで8月に安政一分銀を,さらに12月に安政丁銀・同小玉銀(小粒銀・豆板銀)を発行した。そのほかに,安政3年6月には安政二分金を鋳造した。また安政6年に幕府は洋銀(メキシコ・ドル)に〈改三分定〉の極印を打ち,国内での通用を認めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あんせいきんぎん【安政金銀】

江戸時代、主として安政年間(1854~1860)に発行された金銀貨幣の総称。小判・二分金・一分金・一分銀・二朱銀・丁銀・豆板銀の7種で、いずれも外国貿易の必要上から量目・品位を下げて鋳造された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

安政金銀の関連キーワード江戸幕府江戸時代外国貿易正字金政字銀量目品位

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android