一分金(読み)イチブキン

百科事典マイペディアの解説

一分金【いちぶきん】

江戸時代の長方形の金貨。小判1両の4分の1に当たる。1601年(慶長6年)ごろ初めて鋳造。この慶長一分金以後,元禄・宝永・正徳・元文・文政・天保・安政・万延の各期の改鋳一分金が発行された。しかし,慶長一分金・正徳一分金を除くと悪鋳され,品位が劣る場合が多かった。取引上はなはだ便利でもあったので,俗に〈小粒〉として広く流通し,小判と並んで江戸時代金貨幣の主軸であった。なお天文期(1532年―1555年)に甲斐武田氏によって鋳造された甲州金のうちにも多くの一分金があった。→一朱金
→関連項目金座慶長金銀後藤庄三郎天保金銀文政金銀洋銀(貨幣)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちぶきん【一分金】

江戸時代の金貨の一種。その形状は長方形で,一分金4枚で小判1両に当たり,小判の補助的性格を有していた。慶長6年(1601)に創鋳の一分金が最初のもので,江戸時代には慶長一分金のほか,元禄8年(1695)発行の元禄一分金,宝永7年(1710)の宝永一分金,正徳4年(1714)の正徳一分金,元文1年(1736)の元文一分金,文政2年(1819)の文政一分金,天保8年(1837)の天保一分金,安政6年(1859)の安政一分金,万延1年(1860)の万延一分金がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いちぶきん【一分金】

江戸時代の長方形の金貨。四枚で小判一枚(一両)とする。補助貨幣として1601年新鋳。以後、小判と同時に改鋳された。一分判金。一分判。一分小判。一分。小粒こつぶ。一角いつかく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一分金
いちぶきん

江戸時代、小判(こばん)1両の4分の1に相当させた長方形の金貨。一分小判、小粒(こつぶ)、単に一分ともよばれる。小判の通用を補助する目的で発行され、小判の改鋳に伴って一分金も改鋳されている。1601年(慶長6)から1860年(万延1)まで十度にわたり改鋳が繰り返され、1695年(元禄8)の二度目の改鋳以来、品位は低下の一途をたどっている。江戸時代末期の1837年(天保8)には、一分金の金貨に対し、銀貨で同額の通用をさせる一分銀が発行され、68年(明治1)まで3種鋳造されている。[棚橋正博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の一分金の言及

【金座】より

…江戸時代の小判一分金鋳造所をいう。勘定奉行の支配下におかれていた。…

【千両箱】より

…江戸時代に1000両の貨幣を収蔵することを目的として造られた箱。千両箱は小判や一分金の25両包みが40個入れられた。大判用の千両箱もあり,安政期(1854‐60)以後には二分金用の千両箱も現れた。…

※「一分金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一分金の関連情報