正宗分(読み)しょうしゅうぶん

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうしゅう‐ぶん シャウシュウ‥【正宗分】

〘名〙 経典の構成で、その説こうとする本論となる部分、またそこに説かれている内容。正説(しょうせつ)
ささめごと(1463‐64頃)上「後に正宗分とてその経の眼をいひて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の正宗分の言及

【現世利益】より

…構造的には経典は3段階からなる。伝統的な区分に従うと,経の縁起を語り尊重の念を起こさせる〈序分(じよぶん)〉,説かんとする経の核心を述べる〈正宗分(しようじゆうぶん)〉,正宗分の教説を流布せしめるためにその功徳,諸天の加護を説くのが〈流通分(るづうぶん)〉である。現世利益は《法華経》《金光明経》《仁王経》《薬師経》などの大乗経典に強く説かれているが,この流通分においてである。…

※「正宗分」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報