コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正方画素CCD せいほうがそしーしーでぃー

1件 の用語解説(正方画素CCDの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

正方画素CCD

CCDの画素が正方形になっているもの。CCDに結像した画像を電気信号に変換する際に、画像の縦横比(アスペクト比)を変化させないように、デジタルスチルカメラなどのコンピューターとの連携を考えた画像撮影機器の受光装置として使われる。一方、ビデオカメラなどでは、正方画素CCDに対して、画素が長方形をした「長方画素CCD」が用いられる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正方画素CCDの関連キーワード記録画素数画素数方形造巡方正方正方形枡形本ルービックキューブゴリアユーの法則

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone