コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正覚尼 しょうがくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正覚尼 しょうがくに

?-? 鎌倉時代の尼僧。
曹洞(そうとう)宗。天福元年(1233)道元が山城(京都府)に興聖寺をひらいたとき,法堂(はっとう)を寄進した。西八条禅尼(坊門信清の娘で源実朝の妻)と同一人物との説がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

正覚尼の関連キーワード鎌倉時代正覚曹洞尼僧