コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興聖寺 コウショウジ

百科事典マイペディアの解説

興聖寺【こうしょうじ】

京都府宇治(うじ)市にある曹洞宗の寺。本尊釈迦如来。宗祖道元(どうげん)が1233年深草に建てた観音導利興聖宝林禅寺が中世の戦乱の中で廃絶,1648年淀(よど)城主永井尚政(ながいなおまさ)が万安英種(ばんあんえいしゅ)を中興開山に迎え再興した。越前の永平(えいへい)寺,加賀の大乗(だいじょう)寺,能登の総持(そうじ)寺,肥後の大慈(だいじ)寺と合わせ〈日本曹洞五箇禅林〉と言われる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうしょうじ【興聖寺】

京都府宇治市にある曹洞宗永平寺派の寺。山号は仏徳山。道元が京都の南郊に建てた興聖宝林寺は中世の戦乱のなかで廃絶したが,その再興をめざして,1648年(慶安1)淀の城主の永井尚政が現地に造営した寺である。中興の開山は万安英種(ばんあんえいしゆ)。道元の遺徳をしたう英種の峻厳枯淡な禅が,そののち当寺の伝統的な禅風となった。江戸時代,当寺は畿内を中心に末寺250余ヵ寺,諸国から多くの雲水(うんすい)が集まって修行し,越前の永平寺,加賀の大乗寺,能登の総持寺,肥後の大慈寺とあわせて〈日本曹洞五箇禅林〉とうたわれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうしょうじ【興聖寺】

京都府宇治市宇治山田にある曹洞宗最初の禅寺。山号は、仏徳山。1233年道元が山城国深草に開山。道元が永平寺に移るまでの11年間栄えたが、その後衰微し、1649年永井尚政なおまさが現在の地に移して再興。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

興聖寺
こうしょうじ

京都府宇治市宇治山田にある曹洞(そうとう)宗の寺。詳しくは仏徳山(ぶっとくさん)観音導利院(かんのんどうりいん)興聖宝林禅寺という。曹洞宗の宗祖道元(どうげん)が、中国から帰国後の1233年(天福1)に宇治郡深草(京都市伏見(ふしみ)区)の極楽寺(ごくらくじ)跡に一寺を建て、興聖宝林寺と称したのに始まる。以後11年間、曹洞宗最初の根本道場として道元門下の修行の場となって栄えたが、1243年(寛元1)道元が越前(えちぜん)(福井県)の永平寺に移ってからは荒廃し、さらに兵火により焼失した。現在の建物は、1648年(慶安1)に淀(よど)城主永井尚政が万安英種(ばんあんえいしゅ)を中興開山として現在地に再興したものである。[菅沼 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の興聖寺の言及

【道元】より

…やがて33年(天福1)ごろ,正覚尼(しようかくに),九条教家などの寄進によって,もと極楽寺の一部であった深草の観音導利院を中心に一寺を建立し,観音導利興聖宝林禅寺とした。伽藍が整備され,入門者が増加したため,37年(嘉禎3)春に《典座教訓(てんぞきようくん)》を著して,深草の興聖寺教団の修行生活を厳しく規正した。 1234年(文暦1)冬に大日能忍門下の孤雲懐奘(えじよう)が,ついで越前波著(はぢやく)寺から大日派の覚禅懐鑑(えかん),徹通義介(てつつうぎかい)など臨済宗大恵派の人々が相ついで集団入門をとげたので,道元の深草教団は充実し,にわかに活況を呈した。…

※「興聖寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

興聖寺の関連キーワード関東十刹・関東じっせつ京都府宇治市宇治山田正法眼蔵随聞記京都府宇治市御与津御寮人徹通義介物外不遷玄楼奥竜寒巌義尹正法眼蔵虚応円耳霊潭魯竜曾我蕭白能山聚芸岳翁長甫回天慧杲高雲祖稜梅峰竺信永平清規孤雲懐奘

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

興聖寺の関連情報