コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正親町実正 おおぎまち さねまさ

2件 の用語解説(正親町実正の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正親町実正 おおぎまち-さねまさ

1855-1923 明治-大正時代の官僚。
安政2年6月7日生まれ。正親町実徳(さねあつ)の長男。文久2年孝明天皇の侍従となる。明治12年宮内省にはいり,15年正親町公董(きんただ)の家督をつぎ17年伯爵。埼玉県知事,賞勲局総裁をつとめる。23年貴族院議員。大正7年侍従長。大正12年6月26日死去。69歳。東京大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

正親町実正

没年:大正12.6.26(1923)
生年:安政2.6.7(1855.7.20)
大正天皇の侍従長。幕末に攘夷派の公卿であった正親町実徳の長男で,やはり攘夷公卿の正親町公董(中山忠能3男,実徳の子となる)の嗣子となった。伯母に孝明天皇の生母雅子(新待賢門院)がいる。幕末に従四位下まで進み,侍従・美濃権介に任官した。明治2(1869)年元服し,12年宮内省侍医局に出仕し,17年伯爵を授けられ,19年薬剤師に任ぜられた。23年貴族院議員に互選されて大正7(1918)年まで勤め,その間埼玉県知事と賞勲局総裁を務めた。大正7年侍従長となり,10年再び賞勲局総裁となった。

(上野秀治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正親町実正の関連キーワード鷹司熈通徳大寺実則清岡長言功山寺侍従長甲谷俊家綾小路家政大金益次郎九条道実重田保夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone