コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正露丸 せいろがん

2件 の用語解説(正露丸の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

正露丸

木材より抽出される強力な殺菌防腐剤である木クレオソート(正式名:日局木クレオソート)を主成分とした胃腸薬・止瀉薬・虫歯の痛み止め薬のこと。特有のにおいと苦みがある。名称は大幸薬品株式会社の商標登録だが、普通名称化したとの判決が重なり、ほか5社以上の会社より「正露丸」として販売され続けている。もともとは日露戦争(1904年2月8日~1905年9月5日)に出征した兵士の下痢止め薬として「征露丸」との名称で服用されたもので、日露戦争後、日本独自の民間薬として一般に普及した。1998年ころには、雑誌「週刊金曜日」のコラム及びそれをまとめたブックレット『買ってはいけない』(「週刊金曜日」編、1999年発行)がその有害性を指摘したが、基本的認識の間違いを大幸薬品より指摘され、「週刊金曜日」誌上において訂正記事が掲載された。

(2012-09-24)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいろ‐がん〔‐グワン〕【正露丸】

胃腸薬の一。クレオソートを主成分とし、腹痛・下痢などに用いる。日露戦争中に軍隊で使用されたことから、もとは「征露丸」と書いた。商標名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正露丸の関連キーワードヒ酸防腐剤防腐木材木酢エンドセリン殺菌乳紫外線殺菌食品防腐剤防腐土台木材保存剤

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正露丸の関連情報