コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開高健 かいこうたけし

5件 の用語解説(開高健の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開高健
かいこうたけし

[生]1930.12.30. 大阪
[没]1989.12.9. 東京
小説家。大阪市立大学法学部卒業。『裸の王様』 (1957) で芥川賞を受賞。前作『パニック』 (57) 同様,工業社会における「組織と個人」という現代的なテーマを扱っている。『日本三文オペラ』 (59) では,大阪の旧陸軍工廠跡の浮浪者,貧民群の生態を描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいこう‐たけし〔カイカウ‐〕【開高健】

[1930~1989]小説家。大阪の生まれ。「裸の王様」で芥川賞受賞。ベトナム戦争の取材など、行動派の作家として活躍。他に「パニック」「輝ける闇」「夏の闇」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

開高健【かいこうたけし】

小説家。大阪生れ。大阪市立大卒。サントリー宣伝部に勤務し,のち広告会社経営,コピーライターとして一時代を画す。1957年《裸の王様》により芥川賞戦後文学担い手の一人となった。
→関連項目小田実鶴見俊輔増村保造

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

開高健 かいこう-たけし

1930-1989 昭和時代後期の小説家。
昭和5年12月30日生まれ。昭和29年寿屋(現サントリー)に入社,広告コピーに才能を発揮。33年「裸の王様」で芥川賞。ベトナム戦争特派員の体験をもとに「輝ける闇(やみ)」「夏の闇」などを発表。ルポルタージュ,エッセイなども精力的に執筆した。牧羊子の夫。平成元年12月9日死去。58歳。大阪出身。大阪市立大卒。作品はほかに「日本三文オペラ」「もっと遠く!」など。
【格言など】成熟するためには遠まわりをしなければならない

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいこうたけし【開高健】

1930~1989) 小説家。大阪生まれ。大阪市大卒。庶民の生命力を描く「パニック」「日本三文オペラ」や、ベトナム戦争に取材した「輝ける闇」などで社会問題を独自な文体で追究。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の開高健の言及

【戦後文学】より

…彼らは三島由紀夫と同世代だが,この世代のうちで非政治的な立場で日常性の危機を文学化したのが〈第三の新人〉と呼ばれる安岡章太郎,吉行淳之介,小島信夫らであった。だが50年代の後半には,さらにその下の世代から大江健三郎,石原慎太郎,開高健,および評論家として江藤淳が登場した。 1960年代以降には経済成長による文学読者の増大とともに,旧来の〈純文学〉がそのままでは時代への適応力を欠くにいたり,平野謙の発言をめぐって〈純文学論争〉がおこなわれ,他方,マスコミの影響のもとに文学の拡散現象も指摘された。…

※「開高健」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

開高健の関連キーワード喜劇映画フランス映画ワールドカップ里見勝蔵スペリー熱雲映画理論カリブ文学新心理主義大衆文学

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

開高健の関連情報