コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田政義 たけだ まさよし

1件 の用語解説(武田政義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田政義 たけだ-まさよし

?-? 鎌倉-南北朝時代の武将。
「建武(けんむ)記」には建武元年(1334)北山殿笠懸(かさがけ)の射手とみえる。足利尊氏に属し,元徳3=元弘(げんこう)元年ごろから甲斐(かい)守護であったらしい。のち父武田貞信にしたがい後醍醐(ごだいご)天皇方に帰属,守護を解かれた。通称は石和(いさわの)三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

武田政義の関連キーワード伊賀兼長上杉憲房(1)大友貞載高津長幸土岐頼清船田経政細川頼貞松浦定村山隆義由良具滋