コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石和 いさわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石和
いさわ

山梨県中央部,笛吹市北西部の旧町域。 1903年町制。 1956年英村,岡部村と合体し,1959年富士見村を編入。 2004年御坂町,一宮町,八代町,境川村,春日居町と合体して笛吹市となった。笛吹川氾濫原にあり,早くから開けた地域で,国府が置かれたともいわれ,鎌倉,南北朝時代には,武田氏の惣領職が居住した。近世には代官所が置かれるとともに甲州街道と鎌倉往還の分岐点として,また笛吹川の河港として栄えた。 1907年大水害に見舞われ,笛吹川の河道の変化によって市街地が左岸から右岸に移動した。昭和初期から笛吹川の氾濫原上で果樹栽培が始められ,ブドウ,カキを主とする果樹園が広がる。 1961年旧笛吹川河床から高温の温泉が湧出し,石和温泉の温泉街が形成された。旧宿場のはずれにある鵜飼山遠妙寺は謡曲『鵜飼』で知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いさわ【石和】

山梨県中央部、笛吹市の地名。笛吹川両岸にまたがる。近世の宿場町。戦後、温泉が湧出ゆうしゆつ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石和
いさわ

山梨県中央部、東八代(ひがしやつしろ)郡にあった旧町名(石和町(ちょう))。現在は笛吹(ふえふき)市の北西部を占める一地区。1903年(明治36)町制施行。1956年(昭和31)英(はなぶさ)、岡部の2村、1959年富士見村と合併。2004年(平成16)春日居(かすがい)町、御坂(みさか)町、一宮(いちのみや)町、八代(やつしろ)町、境川(さかいがわ)村と合併、市制を施行して笛吹市となる。旧町域は、山梨県のほぼ中央に位置し、西部は甲府市と接し、笛吹川両岸にまたがる。JR中央本線、国道20号、140号、411号が通じる。『和名抄(わみょうしょう)』の石禾郷(いさわごう)に属し、古代には近くに国府が置かれ甲斐(かい)国の中心であった。戦国時代には守護職武田氏が甲府の躑躅ヶ崎(つつじがさき)へ移るまでその館(やかた)が置かれていた。江戸時代には、甲州街道と鎌倉往還の分岐点にある宿場町として栄え、本陣や幕府の代官所も置かれていた。1903年中央本線の石和駅(現、JR石和温泉駅)ができ、地方の一中心都市となったが、1907年、1909年笛吹川の大洪水によって河道が変わり、市街地は南岸から北岸へと移った。工業は製糸業、製材業などが第二次世界大戦前には盛んであったが、戦後は振るわない。周辺はモモ、ブドウの果樹園で占められ、観光農園も多い。観光地に石和温泉、安土(あづち)桃山時代の武家書院「八田家(はったけ)書院」、謡曲『鵜飼(うかい)』と因縁のある遠妙(おんみょう)寺などがある。大蔵経寺の絹本著色『仏涅槃(ぶつねはん)図』は国指定重要文化財。[横田忠夫]
『『石和町制五十年誌』(1952・石和町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

石和の関連キーワードカムイみさかスキー場やまなし伝統工芸館ShiggyJr.境川(山梨県)オレゴンから愛八代(山梨県)山梨県笛吹市篠原忠右衛門笛吹[市]中道[町]笛吹(市)石和[町]戸沢 宗雄森次左衛門赤尾 好夫小宮山昌世鵜飼(能)八代[町]山梨[県]森田岡太郎

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石和の関連情報