コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武藤光朗 むとう みつろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤光朗 むとう-みつろう

1914-1998 昭和後期-平成時代の社会思想家。
大正3年3月17日生まれ。国学院大教授をへて中央大教授。民主社会主義研究会議議長。昭和35年社会主義インターのローマ大会に出席,56年からインドシナ難民連帯委員会会長。平成10年7月25日死去。84歳。福島県出身。東京商大(現一橋大)卒。著作に「社会主義と実存哲学」「現代日本の精神状況」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

武藤光朗の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット第一次世界大戦[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門グリフィス多和田葉子平山郁夫

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android