コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武藤致和 むとう むねかず

1件 の用語解説(武藤致和の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤致和 むとう-むねかず

1741-1813 江戸時代中期-後期の商人,国学者。
寛保(かんぽう)元年5月5日生まれ。土佐高知城下で呉服商などをいとなむ豪商で,屋号は美濃屋。国学,故実研究をこのみ,子の平道とともに土佐の地誌「南路志(なんろし)」120巻をまとめた。そのために家産をかたむけたという。文化10年9月5日死去。73歳。通称は忠左(右)衛門,忠五郎。号は何竜,榊の壺。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の武藤致和の言及

【土佐国】より

…その後,京都に出た闇斎に谷秦山(谷重遠)が学んで復活し,史学,国学,暦学をあわせて〈谷家の学〉として伝えた。その土壌の上に武藤致和(むねかず)の《南路志》,鹿持(かもち)雅澄の《万葉集古義》などが生まれ,維新に連なる尊王思想が形成された。藩校として宝暦年間(1751‐64)に教授館(こうじゆかん)が,幕末にはそれに代えて文武館(のち致道館)が設けられた。…

※「武藤致和」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武藤致和の関連キーワード羅城一菊伊東渤海大橋重雅皐月平砂(3代)三鍼高瀬栄寿樗雲道隠山下池亭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone