歩合制(読み)ぶあいせい

日本大百科全書(ニッポニカ)「歩合制」の解説

歩合制
ぶあいせい

売上高、契約高に応じて賃金を支払う制度。出来高払制度の一種で比例給ともいう。商業・保険業務などの外勤者に適用される場合が多い。成績にかかわらず一定の支払率を用いる均一歩合制と、成績があがればあがるほど支払率が高くなる逓増(ていぞう)歩合制とがある。後者は、高率の支給率を成績全体に適用する全額式と、一定額以上に適用する超過式とに分けられる。成績増加を刺激する反面、賃金収入の変動が大きく、生活保障面からは問題も多い。

[横山寿一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android