コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歩留まり ぶどまり

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

歩留まり

製造ラインで生産される製品から、不良製品を引いたものの割合。不良発生率が高い場合は「歩留まりが低い」といい、逆に不良発生率が低い場合は「歩留まりが高い」という。ハードウェア製品全般に対して用いられるが、特にICチップの製造に関して使われることが多い。新しい製造プロセスを導入した直後のfabは当初歩留まりが低く、製造を繰り返しながら歩留まりを上げていく(この過程は、「fabの成熟」と呼ばれる)。この歩留まりによって、ICチップの製造原価は大きく影響を受ける。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

知恵蔵の解説

歩留まり

LSIを製造する際、シリコン・ウエハからはたくさんの半導体チップができる。しかし、通常の製品と違って、多数の半導体チップのうち、数十%の数のチップしか完全動作しないこともある。全チップ数に対する良品チップ数を、歩留まりと呼ぶ。歩留まり率が高まれば、コストが安くなる。

(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

Wisdomビジネス用語辞典の解説

歩留まり

製造過程において欠陥なしに製造/出荷できた割合を示す。100個の製品のうち、20個の欠陥品があった場合は20%の不良率で80%の歩留まり率となる。半導体の製造は、原理的にある確率で必ず不良品が発生してしまい、高度な製造技術が必要な製品ほど、歩留まりも悪くなる。歩留まりメーカーの利益に直結するため、製造技術の改善などによって歩留まりを大きく高めることができたことがニュースとしてリリースされることも多い。

出典|「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)Wisdomビジネス用語辞典について | 情報

歩留まりの関連キーワードシリコン・プロセス技術トランジスタ数P54CS真空冶金黒砂糖鋳鋼

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歩留まりの関連情報