歩行補助手すり(読み)ホコウホジョテスリ

リフォーム用語集の解説

歩行補助手すり

屋内・屋外において、主に高齢者や障害者のための設備で、廊下階段手摺をガイドに手を滑らせながら歩行したり、握りながら身体を安定させて歩行出来るように、取付けられる手摺の事。高さはから75?85cm程度のものと、車椅子スロープを移動するための60?65cm程度のものがあり、場所によっては両方を取付ける、二段手摺にする事もある。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android