コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歯切盤 はぎりばん

百科事典マイペディアの解説

歯切盤【はぎりばん】

歯車の歯を切削する工作機械の総称。歯車の歯はフライス盤で切削することもあるが,普通は切削すべき歯車と正しくかみ合う刃物(歯切工具)で歯切りを行う。歯車を精密に仕上げる歯車研削盤もある。
→関連項目工作機械切削工具

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はぎりばん【歯切盤 gear cutting machine】

歯車を加工する工作機械の総称。円筒や円板などの外周面,内周面,あるいは端面に歯(歯形)を削り出すのに用いられる。歯切盤での歯形の加工方法は創成法と呼ばれ,切削すべき歯車と正しくかみ合う歯車を刃物(歯切工具といい,その形態によりホブ,ピニオンカッター,ラックカッターなどと呼ばれる)とするもので,歯形をつけるべき工作物と歯切工具が互いにころがり運動を行い,その運動の軌跡の包絡線としてインボリュート,あるいはサイクロイド曲線を形成して歯形を削り出す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歯切盤
はぎりばん

各種の工作物に歯切り加工を施す工作機械。用途と切削用工具の種類に応じて、ホブ盤、歯車形削り盤、歯割り盤、ラック歯切盤、すぐば傘歯車歯切盤、曲がりば傘歯車歯切盤、ウォームホイールホブ盤などに分類される。これらのなかでもホブ盤は歯切盤としてもっとも広く用いられ、ホブとよばれる工具を用いて、平歯車、はすば歯車、およびウォームホイールの歯形を創成歯切りすることができる。切り込みを与える形式によって、テーブル移動形とコラム形とがあり、さらにホブヘッドまたはワークヘッドが上下に移動できる形式がある。[清水伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の歯切盤の言及

【工作機械】より

…立て削り盤,形削り盤,平削り盤などはこの時期に開発された。19世紀後半以降,工作機械の発達の中心はアメリカおよびドイツに移り,この時期になると,現在のような電動機直結運転が行われ,研削盤,歯切盤などが開発された。20世紀に入ると,よりよい性能の製品を作り出すために,工作機械は急速な発展を遂げ,歯車研削盤,ホーニング盤などが開発された。…

※「歯切盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android