コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歯切り盤(読み)はぎりばん(英語表記)gear cutting machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歯切り盤
はぎりばん
gear cutting machine

歯車素材から工具を用いて歯を削り出す機械の総称。使用する工具や加工する歯車製品によって,種々名称がつけられている。工具として,ホブを用いて加工するホブ盤,ピニオンカッタやラックカッタを使う歯車形削り盤,ラック歯形その他の砥石で加工する歯車研削盤,総形フライスカッタを使用するフライス盤などがある。歯車製品に関しては,ラックを歯切りするラック歯切り盤をはじめとして直歯 (すぐば) 傘歯車盤,曲り歯傘歯車盤,ウォームギヤホブ盤などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はぎり‐ばん【歯切り盤】

歯車の歯形を削り出す工作機械。ホブを用いるホブ盤、ピニオン‐カッターを用いるフェロース盤、ラック‐カッターを用いるマーグ盤などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android