コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歯切り盤 はぎりばんgear cutting machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歯切り盤
はぎりばん
gear cutting machine

歯車素材から工具を用いて歯を削り出す機械の総称。使用する工具や加工する歯車製品によって,種々名称がつけられている。工具として,ホブを用いて加工するホブ盤,ピニオンカッタやラックカッタを使う歯車形削り盤,ラック歯形その他の砥石で加工する歯車研削盤,総形フライスカッタを使用するフライス盤などがある。歯車製品に関しては,ラックを歯切りするラック歯切り盤をはじめとして直歯 (すぐば) 傘歯車盤,曲り歯傘歯車盤,ウォームギヤホブ盤などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はぎり‐ばん【歯切り盤】

歯車の歯形を削り出す工作機械。ホブを用いるホブ盤、ピニオン‐カッターを用いるフェロース盤、ラック‐カッターを用いるマーグ盤などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

歯切り盤の関連キーワードブラウン(Joseph Rogers Brown)ホイットワース創成歯切り法

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android