コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死と変容

デジタル大辞泉プラスの解説

死と変容

ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスの交響詩(1888-89)。原題《Tod und Verklärung》。『死と浄化』とも呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

しとへんよう【死と変容】

《原題、〈ドイツ〉Tod und Verklärungリヒャルト=シュトラウスの交響詩。1888年から1889年にかけて作曲。自身の病床での心境を描いたものとされる。死と浄化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

死と変容の関連キーワードリオン フォイヒトワンガークリステンセン

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

死と変容の関連情報