コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死と変容

デジタル大辞泉の解説

しとへんよう【死と変容】

《原題、〈ドイツTod und Verklärungリヒャルト=シュトラウスの交響詩。1888年から1889年にかけて作曲。自身の病床での心境を描いたものとされる。死と浄化。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

死と変容の関連情報