コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死と乙女 しとおとめDer Tod und das Mädchen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

死と乙女
しとおとめ
Der Tod und das Mädchen

(1) F.シューベルトの歌曲,op.7,No. 3。 1817年作。 M.クラウディウスの詩による。 (2) シューベルトの弦楽四重奏曲,No.14,1824年作。 (1) の旋律が第2楽章 (変奏曲) の主題に用いられているためこの名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しとおとめ〔シとをとめ〕【死と乙女】

《原題、〈スペイン〉La muerte y la doncellaドルフマンの戯曲。1991年初演。独裁政権下で過酷な拷問を受けた女性が、十数年後の民主政権下で自分を拷問した相手を偶然見つけ、復讐を試みる。1994年、ロマン=ポランスキー監督により映画化。
《原題、〈ドイツ〉Der Tod und das Mädchenシューベルトの作品。
歌曲。1817年作曲。M=クラウディウスの詩に基づく。病に伏せる乙女と死神との対話を描いたもの。
弦楽四重奏曲第14番の通称。1824年の作。全4楽章。第2楽章の主題に1コラールを用いている。すべての楽章が短調で書かれた作品として有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

死と乙女

1991年初演のアリエル・ドーフマンによる戯曲。原題《Death and Maiden》。ピノチェト独裁政権後のチリを舞台に、拷問や虐待を受けた女性の憎しみと葛藤を描いた作品。1992年に第16回ローレンス・オリヴィエ賞(新作演劇賞)を受賞。

死と乙女

オーストリアの作曲家フランツ・シューベルトの歌曲D531(1817)および弦楽四重奏曲第14番D810(1824)。原題《Der Tod und das Mädchen》。マティアス・クラウディウスの原詩に基づく。病床の乙女と死神との対話を描いたもの。

死と乙女

赤川次郎の長編ミステリー。1995年刊行。

死と乙女

オーストリアの画家エゴン・シーレの絵画(1915)。原題《Tod und Mädchen (Mann und Mädchen)》。シーレ自身と恋人ヴァリーがモデルとされる死神と若い女性を、不安を掻き立てる荒々しいタッチで描いたもの。28歳で夭折したシーレの代表作の一つとして知られる。ウィーン、オーストリア美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

しとおとめ【死と乙女】

シューベルトの歌曲。1817年作曲。クラウディウス(M. Claudius)の詩による。
シューベルトの弦楽四重奏曲第一四番ニ短調の通称。1824年作曲。第二楽章の変奏主題にの伴奏部の旋律が使われていることからこの名がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

死と乙女の関連キーワードカッツ=チェルニン:シューベルト・ブルース/piano soloシューベルト(Franz Peter Schubert)シューベルト(年譜)アリエル ドルフマンClaudius上甲まち子赤川次郎幸田 延富本牧子石田登星

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

死と乙女の関連情報