死苦(読み)シク

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐く【死苦】

〘名〙
① 仏語。四苦の一つ。衆生が免れることのできない死という苦しみ。また、死ぬときの苦しみ、あるいは、死によって生ずるさまざまな苦しみなどをいう。
※散木奇歌集(1128頃)雑下「貧窮にさいくをしたるすいくかな いと連歌ともなかりけるをききなして 死苦もきたりてせめむものをや」
※康頼宝物集(1179頃)中「毗沙門天王は死苦には逢ふとも貧苦にはあはじとの給へり」
② 死ぬほどの苦しみ。死ぬかと思うほどの苦痛。
※遅過ぎた日記(1954)〈長与善郎〉ソ聯の参戦「敗けた者は敗けただけの屈辱と死苦に遭はねばならぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報