残価設定型ローン(読み)ザンカセッテイガタローン

デジタル大辞泉の解説

ざんかせっていがた‐ローン【残価設定型ローン】

自動車ローンの一種。一定期間(3~5年)後の下取り予定価格を残価として設定し、車両価格から残価を据え置いた残りの金額を分割払いにする。残価分がローン対象額に含まれないため毎月の返済額を低く抑えることができるが、金利は残価にもかかる。満期時に車両を返却する、または新車に乗り換える場合は、残価を支払う必要はないが、車両の状態によって差額を請求される場合もある。残価を一括またはローンで支払って乗り続けることもできる。残価設定ローン。残価据置ローン。残価設定(型)クレジット。残クレ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android