コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残業

4件 の用語解説(残業の意味・用語解説を検索)

ビジネス用語集の解説

残業

残業とは、規定の労働時間を超えて仕事をすることをいいます。
超過勤務時間外労働ともいいます。

残業には「法内残業」と「法定残業」の2つがあります。
「法内残業」とは、労働基準法で定められている1日8時間以内、
週40時間以内の範囲内において、職場の所定労働時間を超える残業を行うことをいいます。

この場合割増賃金を支払う必要はありません。
「法定残業」とは、労働基準法で定めた範囲を超えている場合であり、
越えた時間については25%の割増賃金が支払われることになっています。

法定残業が行われる場合、会社と従業員との間で三六協定が締結されている必要があります。

出典|転職.jp
ビジネス用語集について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ざん‐ぎょう〔‐ゲフ〕【残業】

[名](スル)規定の勤務時間を過ぎてからも残って仕事をすること。また、その仕事。超過勤務。「残業して仕事を片づける」「残業手当」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ざんぎょう【残業】

( 名 ) スル
規定の勤務時間のあと、さらに残って仕事をすること。また、その仕事。超過勤務。 「遅くまで-する」 「 -手当」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の残業の言及

【時間外労働】より

…労働保護立法または労働協約の定める標準労働時間(労働時間)を超える労働。1日の所定時間を超える残業・早出と,休日出勤とがある。日本の労働基準法は〈休憩時間を除き1日について8時間,1週間について48時間を超えて,労働させてはならない〉(32条)と定めているが,他方36条で,この限度を超える時間外労働が,労働組合または〈労働者の過半数を代表する者〉との〈書面による協定〉(三六協定)で可能とされている(ただし18歳未満の年少労働の残業は禁止)。…

【深夜業】より

…労働者の心身の負担が大きいため禁止・規制・特別の保護を必要とする時間帯の労働。時間外労働(残業)が長引いた際および交替制勤務において深夜業が問題となる。労働基準法では午後10時~午前5時を深夜として,25%の割増賃金支払義務や年少者と女子の就業禁止(10時半終業の交替制は可)を定めている。…

※「残業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

残業の関連情報