残留農薬基準(読み)ざんりゅうのうやくきじゅん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

残留農薬基準
ざんりゅうのうやくきじゅん

農産物の出荷時点で残っている農薬が,人体に影響を及ぼさない限度を示す基準。農薬使用量規制のため,厚生労働省が食品衛生法に基づき農産物ごとに定めている。 1960年代半ばに,DDTなどの有機塩素系農薬の有害性が国際的な問題となり,日本でも 68年から基準作りが始った。基準ではその農薬が使用されている農産物すべてを一定量食べても,農薬の摂取量の合計が,安全の目安となる許容量をこえないように農産物ごとに定められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android