コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残留農薬 ざんりゅうのうやくpesticide residue

6件 の用語解説(残留農薬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

残留農薬
ざんりゅうのうやく
pesticide residue

散布した農薬が農作物,食品,土壌などに残っていること。さらに広く,環境や生物系の汚染の場合にも使われる。 1961年アメリカの R.カーソンが,DDTなどの化学薬品の使用が生態系に長期的な被害を与えることを警告して以来,世界的に問題となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ざんりゅう‐のうやく〔ザンリウ‐〕【残留農薬】

収穫後の農作物に残留している農薬。農薬ごとに残留基準値が定められている。
[補説]平成18年(2006)、食品衛生法の改正によりポジティブリスト制が導入され、残留基準値を超える農作物・食品の販売などが原則禁止となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

残留農薬【ざんりゅうのうやく】

散布された後も農作物中や土壌中に残留する農薬。環境中での分解を受けにくく,その毒性が問題となる。農薬取締法では,農作物,土壌,水中の残留農薬が原因になって人畜に被害を及ぼすおそれのある農薬を,それぞれ作物残留性農薬土壌残留性農薬水質汚濁性農薬に指定し使用を規制している。
→関連項目食品安全基本法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

残留農薬

 使用した農薬が生産物に残ること.散布したものがそのまま残る場合や土壌から移行する場合などがある.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ざんりゅうのうやく【残留農薬】

農薬が使用されると,そのある部分は土壌中に,またある部分は作物中などに残留し,これを食糧とする人畜の体内に入る。農薬は生体内,環境中では代謝分解を受け解毒されるが,あるものは分解を受けにくく残留農薬が問題になることも多い。この危険を防ぐために,農薬の毒性と環境への残留性についてきびしい行政的規制がなされている。イネのいもち病用殺菌剤として著効があった酢酸フェニル水銀などの有機水銀剤は,米の中への残留性が高く,これを常食とする人間への残留が問題となり,1960年にはその散布が止められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

残留農薬の関連情報