残金(読み)ざんきん

精選版 日本国語大辞典「残金」の解説

ざん‐きん【残金】

〘名〙
① 残りの銭。手元に残っている金。
※日本読本(1887)〈新保磐次〉六「粟太郎は些少給金を以て古本を買ひ求め、これを以て夜夜独学をなし、残金をば郵便局に預けて貯へたり」
未払いになっている金。また、その金額残額
浮世草子・当世乙女織(1706)四「残金七百両借銭彼是、千両とてのさいかく、大尽がね死一倍の口入を聞出し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「残金」の解説

ざん‐きん【残金】

支出後に手もとに残った金。
支払うべき金額の未払い分。「月賦残金

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android