残高勘定(読み)ざんだかかんじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

残高勘定
ざんだかかんじょう

大陸式決算法により決算を行う場合に用いられる勘定で,決算期末に貸借対照表に属する勘定科目の残高金額を集めて表示する勘定のこと。正しくは決算 (閉鎖) 残高勘定という。決算にあたって資産,負債資本の各勘定を締切り,それを集合して貸借対照表を作成するとともに各勘定の残高を次期に繰越さなければならないが,この各勘定残高を集合する勘定のことで,これは残高形式による貸借対照表と本質的に異なるところはない。なお次期の記帳のためにこの繰越残高をもとに戻しておく必要があり,このために開設されるのが開始残高勘定で,これは決算残高勘定すなわち貸借対照表と逆の形になって記入され,それぞれ資産,負債,資本へ繰越金額が分散していく。いずれにしても残高勘定は損益勘定と同様に決算時にだけ経過的に現れる。英米式決算法では残高勘定は設定されず,資産,負債,資本の各勘定の摘要欄に次期繰越と記入し,次の期開始日に前期繰越と記入するいわば簡便法が用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android