元高(読み)モトダカ

大辞林 第三版の解説

もとだか【元高】

歩合算や利息算で、計算のもとになる数。もとになる金額。元金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もと‐だか【元高】

〘名〙
① 貸し借りしたもとの金額。利息や歩合などを含まないもとの金額。元金(がんきん)。また、原価。
※公議所日誌‐三・明治二年(1869)三月「且手形は必す元高を以て買戻すべし」
② 江戸時代、初期の検地によって定められた公定の石高。後の検地高を「今高」「新高」というのに対して、または、新田高に対していう。
※地方凡例録(1794)一「昔より私領渡の節、〈略〉百石以上の新田は本高に入れわたす御定法也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元高の関連情報