コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差引勘定 サシヒキカンジョウ

デジタル大辞泉の解説

さしひき‐かんじょう〔‐カンヂヤウ〕【差引勘定】

[名](スル)
貸借を相殺して残りの金額について勘定すること。
損得を計算すること。利害・得失などを考え合わせて判断すること。「差引勘定すれば安い買い物だ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さしひきかんじょう【差引勘定】

簿記で、貸借・収支をくらべ、金額の大きい方から金額の少ない方を引いて差額を出すこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

差引勘定の関連キーワード行って来い水収支差し次得失収支貸借差額簿記金額

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android