差引勘定(読み)サシヒキカンジョウ

デジタル大辞泉の解説

さしひき‐かんじょう〔‐カンヂヤウ〕【差引勘定】

[名](スル)
貸借を相殺して残りの金額について勘定すること。
損得を計算すること。利害・得失などを考え合わせて判断すること。「差引勘定すれば安い買い物だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さしひきかんじょう【差引勘定】

簿記で、貸借・収支をくらべ、金額の大きい方から金額の少ない方を引いて差額を出すこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android