殺生戒(読み)せっしょうかい

精選版 日本国語大辞典「殺生戒」の解説

せっしょう‐かい セッシャウ‥【殺生戒】

〘名〙 仏語五戒などの一つ。生き物を殺すこと、特に人を殺すことを戒める戒律
※謡曲・花月(1423頃)「仏の戒め給ふ殺生戒をば破るまじ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「殺生戒」の解説

せっしょう‐かい〔セツシヤウ‐〕【殺生戒】

仏語。五戒・八戒十戒の一。生き物を殺すこと、特に人を殺すことを禁じる戒律。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の殺生戒の言及

【肉】より

…物事を皮相にしか見ることができない肉眼とその他の四眼との比較の中にも肉の劣位が示されている。 元来,仏教では五戒の第1に殺生(せつしよう)戒をあげるが,日本でも肉食(にくじき)妻帯を俗世の姿とみなし,江戸末期までは真宗を除き出家に対して肉食妻帯を禁じていた。明治以後は他の宗派も妻帯を認めたが,肉食については現在もなお,精進料理が残っている。…

※「殺生戒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android