コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母子愛育会 ぼしあいいくかい

世界大百科事典 第2版の解説

ぼしあいいくかい【母子愛育会】

児童と母性の保健・福祉の増進をねらいとする団体で,1934年皇太子誕生を記念する御下賜金をもとに設立された恩賜財団愛育会がその前身である。38年には総合的調査研究機関として愛育研究所を設立,さらに研究のための付属施設として愛育病院,愛育幼稚園,愛育養護学校などを設けている。また創立以来,農山漁村を対象に〈愛育村〉を指定し,母子の健康と福祉に関する心身両面の世話をする婦人の奉仕による愛育班活動を展開し,育児思想の普及にも大きな役割を果たしてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

母子愛育会の関連キーワード三笠宮妃百合子乳母(うば)関屋 貞三郎新居 善太郎帯解(祝い)久邇 俔子久邇宮俔子母子保健久邇俔子宮参り七夜

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

母子愛育会の関連情報